マイウォッチくさつでは、NPO法人滋賀シュタイナーこども園そらの

理事の石濱さんと理事の鈴村さんをゲストにお迎えしました。

こども園そらさんでは、思想家のシュタイナーの教育方針に従って

滋賀県で2003年ごろ保護者が立ち上げられ、2005年に開園

2011年NPO法人として0~7歳までの子どもと保護者、先生が

みんな同じ立場で協力し合ってこども園そらとして再スタートされました。

おばあちゃんの家に行ったよう古民家で15名までの定員で1つのクラスは、

縦割り保育されています。

通われていたお子さんは、自分の世界を大切にいろいろなお友だちと

すんなり遊べたり穏やかに過ごされているそうです。

9月16日(日)10:00~12:00

NPO法人滋賀シュタイナーこども園そら園舎にて

~大人の学び 教講演会~

「シュタイナー学校の1年生のエポック授業」を開催されます。

地域の方あっての保育所なので是非みなさんに来ていただけたい

とおっしゃっていました。

詳しくは、こちら から

いつも心にでは、滋賀県警生活安全部佐倉警部をゲストにお迎えしました。

10月11日~20日 10日間 全国地域安全運動が開催されます。

30年以上前から続いているイベントで地域のみなさんで防犯について

考えようという週間です。

今年のテーマは「みんなでつくろう安全のまち」

子ども、女性の犯罪被害防止、特殊詐欺、住宅侵入などを重点的に

啓発活動されるそうです。

昨年は、空き巣も8700件あり、自動車盗難も多発しているそうです。

特に今はプリウスが狙われているそうで車庫にセンサーライトをつけたり、

ダミーでもいいので防犯カメラをつけ「作動中」の看板をつけることが

大切だそうです。

自動販売機の盗難も多発しているそうです。

特殊詐欺も昨年160件あり、被害額も約5億円だったそうです。

今年も8月末現在で67件、高齢者が被害に遭われていることが多いそうです。

オレオレ詐欺も巧妙化していて、風邪を引いたと

携帯番号の登録を変えるように連絡があり、

その後登録した番号でかかってくるので声が違っても、息子と思われるそうです。

しっかりした人の方が騙されやすいそうですよ。

架空請求では、「裁判をします」「最終通告」などの言葉がある

ハガキやメールが来るそうです。

問い合わせの電話番号があり、そこへ連絡すると騙されるそうです。

請求のハガキやメールが来たら、近くの交番、警察へ見せに来ていただけると

詐欺と判断していただけるそうです。

啓発活動として10月11日にエースクエアにてイベントもされます。

司会は、宇野ひと美で、警察の音楽隊の演奏もあり、

けいたくんなどゆるキャラも見るそうです。

他にも各地で啓発活動をされます。

身近な犯罪を防ぎましょう。

自分の身は、自分で身を守る意識を高めましょう。