ぐるっとまち歩き ~草津道中~

第7回目(2019年7月9日放送)のテーマは「芦浦観音寺:天下人との関わり」

お話は 草津市観光ボランテイアガイド協会 会長 森 健蔵さんです。

芦浦観音寺は聖徳太子が開基し、その後足利義政、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などと深い関りがありました。

時代を追って森会長にお話頂きます。

聞き手はパーソナリティ&ディレクターの中嶌裕恵です。

中嶌が手に持っているのは 豊臣秀吉自筆北野湯茶道具目録 一幅紙本墨書 縦二五・五 横三六・六 桃山時代 (コピー)です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA