第20回  明治以降の草津・発展のまち

本日19時から放送されます「第20回 明治以降の草津・発展のまち」を、番組放送と同時配信いたします!

今回のお話は、草津市観光ボランテイアガイド協会 田中修三さんです。

草津はかつて天井川で有名でしたが、そのトンネル「草津マンポ」についてお送りします。

現在のマンポは2代目で、1064年に完成し、57年になるそうです。

草津マンポの「マンポ」は、炭鉱の坑道を「間歩(マブ)」と云っていたことから、これが訛ったものだそうです。

田中さんご自慢のハーモニカ演奏もありますよ!!

(写真)私中嶌が持っているのが草津川が描かれた広重の浮世絵で、田中さんが持たれているのが1代目のトンネルの写真です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA