県内での新型コロナウイルス感染症の発生に係る市の対応について

市長コメント(令和2年3月6日)

 3月5日、滋賀県で初めて、新型コロナウイルス感染症に感染された患者の方が判明いたしました。  現在、県において、感染された患者の方の治療、健康観察を行っております。また、感染拡大防止の観点から、これまでの行動の確認調査をしているところであります。  それを受け、本市において、3月6日に、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、新型コロナウイルス感染症について、各部局間で情報共有を図り、これまで、2月27日から3月11日までとしていた市主催の会議、行事の中止・延期期間について、3月31日まで延長することとしました。  小・中学校卒業式や、公立幼稚園・認定こども園修了式、公立保育所の卒園式については、開催日については変更なく、実施いたしますが、これまでの方針通り、子どもの健康と安全を第一に考え、参加人数を抑えたり、式典全体の時間を短縮したりして実施いたします。  本市としては迅速かつ正確に情報をお伝えしてまいりますので、市民の皆様には大変ご不便をおかけしますが、手洗い、咳エチケットおよびアルコール消毒などの基本的な感染症対策を適切に行っていただき、感染防止に向け、市民の皆様のご協力をお願いいたします。

市主催の会議、行事の中止等について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA