8/17(月)「意外と知らない草津の歴史」テーマ『近現代文学作品からみる街道の魅力』【/12:00(再放送)20:00~、25:00~】

 

草津市教育員会歴史文化財課と草津宿街道交流館の協力による番組

「意外と知らない草津の歴史」

放送時間は、毎月第3・4月曜日 12:00~13:00です。

<再放送>20:00~21:00 25:00~26:00

第4週は第3週の番組をお届けします。

 

8月17日(月)は

今回は「近現代文学作品からみる、街道の魅力」について

お話は 

草津宿街道交流館 館長 八杉淳さん

草津宿本陣 学芸員 小島美紅(みく)さん

を迎えてお送りします。

小島さんは、近代文学に描かれている

街道の描かれ方として

作品:岡本かの子「東海道五十三次」や

作品:松本清張「点と線」

作品:司馬遼太郎「街道をゆく」などを紹介頂き

街道の魅力が様々に描かれていると提案して

くださいました。

コロナの影響で外出が満足に出来ないこの時期

いろんな作品を読んで想像の世界から街道の

魅力を感じてみてください。

お話の合間には小島さんセレクトの夏ソングも

お届けしています。

聞き手はパーソナリティ&ディレクター中嶌裕恵です。

 

Follow me!