9/28(月)『意外と知らない草津の歴史』「定善寺・草津を襲った水害」

「第15回 意外と知らない草津の歴史を、番組放送と同時配信します

著作権の関係で、音楽は削除しています。

草津市教育員会歴史文化財課と草津宿街道交流館の協力による番組

「意外と知らない草津の歴史」

放送時間は、毎月第3・4月曜日 12:00~13:00 <再放送>20:00~21:00 25:00~26:00です。

第4週は第3週の番組をお届けします。

9月28日(月)、今回は「常善寺・草津を襲った水害について」 

  草津宿街道交流館 館長 八杉淳さん

  草津宿本陣 学芸員 冨田由布子(ゆうこ)さんを迎えてお送りします。

えふえむ草津の近く草津3丁目にある由緒ある寺「常善寺(じょうぜんじ)」の天平7年(735年)に創建されて以来の歴史をご紹介頂きます。

また、常善寺に鎮座する「本尊(重要文化財):阿弥陀如来坐像」、脇侍(重要文化財):観音菩薩/勢至菩薩、壁面(県指定文化財):二十五菩薩来迎図 の貴重な仏像について、冨田さんに解説していただきます。

いて、「近江の仏像のいまとこれから」について、公益財団法人秀明文化財団理事(MIHO MUSEUM研究・展示担当)高梨 純次さんへの、八杉館長のインタビューです。

最後のコーナーでは、八杉館長に「明治29年7月から9月にあった草津での水害に」ついて、草津市史より抜粋してお話頂きます。

聞き手はパーソナリティ&ディレクター中嶌裕恵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA