草津レポート(10月号)

この番組は、草津市内で行われる行事や講座などを現地レポートして地域の皆様にお届けしています。
今回は、3つの話題をレポートいたしました。
一つ目は、琵琶湖博物館が、10月10日にリニューアルオープンしました。これに先駆けて行われたメディア向け内覧会の様子を レポートいたしました。
二つ目は、地域密着の生活情報誌「湖南フリモ」に連載している草津探訪記のインタビューをお聞きいただきます。
そして3つ目は、えふえむ草津の番組審議会で交わされた意見をご紹介いたします。

 

 

レポート(1)琵琶湖博物館のリニューアルオープン

最初は、琵琶湖博物館のリニューアルオープンに関するレポートです。
滋賀県立琵琶湖博物館は、草津市の琵琶湖湖岸「烏丸半島」にある県立の博物館です。
湖をテーマにした博物館としては日本で最大規模であり、淡水専門の水族館を含め多彩な展示で人気となっていますが、1996年(平成8)年に竣工して20年が経過していることから、3期約6年をかけて施設整備を進めてこられました。
そして、第3期目に行われたA展示室とB展示室のリニューアルが完了し、去る10月10日にグランドオープンしました。
只今からお聞きいただきますので、このブランドオープンに先駆けて開催されたメディア向け内覧会の様子をレポートしたものです。

A展示室に設置された約400万年前の中国にいたツダンスキーゾウの巨大な半身半骨の標本など、新しい魅力がいっぱい詰まっています。こんな素晴らしい博物館が市内に有るって素晴らしいですね!

 

レポート(2)滋賀を音楽で元気にして地元の音楽活動を応援するSNSサイト「しがオト」

地域みっちゃく生活情報誌の「湖南フリモ」には、えふえむ草津とのコラボ企画で「草津探訪記」と題した記事が連載されています。
そして15回目となる今月号の話題は、コロナ禍でコンサート等の中止や入場者制限など、活動が縮小している中で、県内の楽器店5社が「滋賀を音楽で元気にして地元の音楽活動を応援したい」との思いから「しがオト」というSNSサイトを開設されました。
そこで、発起人の一人で南草津にあるロマン楽器社長の杉江さんからお話を伺いました。聞き手は、えふえむ草津のパーソナリティムッシュさんこと村川圭一さんです。

滋賀の音楽文化を応援するSNSサイト「しがオト」は、コロナ禍が続く中で大変すばらしい取り組みですね!

 

レポート(3)えふえむ草津 番組審議会

今回最後となる3つ目のレポートは、えふえむ草津の番組審議会の模様をお伝えいたします。
えふえむ草津は、草津市内をエリアとしたコミュニティFMですが、公益性や公共性が求められることから、法律に基づいて定期的に番組審議会を開催して、地域に役立つ、より良い放送を目指しています。
今回お聞きいただきますのは、9月16日に行われた第62回の番組審議会の概要です。

62回番組審議会議事録

 

番組案内

案内役:愛民さん

この番組は毎月第3と第4金曜日の正午と夜8時、そして深夜の25時からオンエアしています。

また、えふえむ草津のホームぺージでオンデマンド配信していますので、スマートフォンやパソコンで何時でもお好きな時間に何度でもお聞きいただくことができます。

草津レポート 提供は「草津市」、番組制作は、「えふえむ草津」でお届けいたしました。

それでは、また来月をお楽しみに!

ご案内は、シンガーソングライターの愛民でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA