MENU
声の広報 12月号 オンデマンド配信中 こちら

6/7(月)12:00~草津市コミュニティ事業団提供「くさつ☆コミュニTeaTime」「ひととまちの未来をつくるカレッジ2021開催について」・老上西学区「おいにぃずカフェ」と「まちの小さな美術館」

草津市コミュニティ事業団提供番組

「くさつ☆ #コミュニTeaTime」

6月7日(月)12:00~13:00 (再)20:00~21:00、25:00~26:00

翌週14日(月)同時刻も再放送

今回の内容

①草津市コミュニティ事業団主催「ひととまちの未来をつくるカレッジ2021」

初回講座が5月16日(日)に開催され、5月6日移転オープンした「キラリエ草津」の記念スペシ

ル!として同事業団のひとまちきらりの助成を受け活動を始めた「キラリ・ウィンド・ポップ

コンサート」や絵本や歌を通じてボランティア活動をしている牧田もりかつさんと

島田真由美さんの講演が行われました。その様子をお伝えします。

また、後半 ②老上西学区「おいにぃずカフェ」「まちの小さな美術館」についてお伝えしま

す。「たすけ隊『ママの手』」代表 佐藤実鶴(さとう みつる)さんと まちづくり協議会職員

の金川美鈴(かながわ みすず)さんのお二人を迎えてスタジオでお話をお聞きしました。

「おいにぃずカフェ」は、地域の方が気軽に立ち寄りコーヒーなどを飲みながら交流するスペー

スを提供したいと昨年企画し23人でオープン。現在は高齢者サロンの調理などを行っています。

カフェは6月2日(水)初めて開催出来ました。今後は、第1水曜日午前11時半から午後1時半迄

(参加費300円)に開催していきます。

また、夏休みなどの休暇を利用して子どもさん向けの「にこにこ食堂」も開催していく予定で

す。お話は「たすけ隊『ママの手』」代表 佐藤実鶴(さとう みつる)さん

また、「小さな美術館」はコロナ禍で地域の行事が開催できませんでしたので、老上西学区まち

づくりセンター内に地域の方々の手づくり作品を展示しようと企画。昨年の9月からスタート

し、写真・大津絵・墨絵・藍染作品・切り絵・風景画・絵手紙などを毎月更新して展示され、セ

ンターを利用する方や立ち寄る市民に鑑賞してもらいました。今では、予約もいっぱいで地域の

人たちに認知されるようになってきました。お話はまちづくり協議会職員の金川美鈴(かながわ

 みすず)さん

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!