草津レポート11月号 オンデマンド配信中 こちら

8月27日 JAZZ☆TIME

番組「JAZZ☆TIME」は、えふえむ草津が制作して、毎週金曜日の19時からお届しています。
制作はえふえむ草津、ご案内は吉野まみ です。

 最初にご紹介するのは、ビブラフォンのパイクス・ピークがピアノのビル・エヴァンスと共演したアルバム「パイクス・ピーク」。録音は、1962年で、アルバムの中から3曲ピックアップしました。

1曲目は、バイアード・ブルース
2曲目は、ベサメ・ムーチョ
3曲目は、ワイルド・イズ・ザ・ウィンド

次は、ニューヨークを拠点に活動を続けるベテラン・女性ヴォーカリストMJ テリートのアルバム「Ladies Day」より3曲お聞きいただきます。

1曲目 No Time for Snoozin’
2曲目 In Your Own Sweet Way
3曲目 There’ll Be Other Times 

アナログレコードのコーナー

 1980年にブルーノートより発売された、ギタリストのアールクルーのLPレコード「dream come true」をご紹介します。
 アールクルーは、18歳の時にジョージ・ベンソンのバンドで活動し、20歳の時にはチック・コリアのリターン・トゥ・フォーエヴァーに加入して、エレクトリック・ギターを弾いていましたが、このアルバムでは、アコースティックギターで心地よい演奏を行っています。

今回お聞きいただきますのは、このアルバムのA面に収められている4曲です。

1曲目は、 If It’s In Your Heart (It’s In Your Smile)
2曲目は、テレビやラジオでBGMとして良く使われている曲で Doc
3曲目は、Amazon
そして4曲目は I Don’t Want To Leave You Alone Anymore です。

最後におかけするのは、アルトサックス奏者のソニー・スティットとアート・ペッパー のバトル作品で、アルバムタイトル「グルーヴィン・ハイ」から、SCRAPPLE FROM THE APPLEとWEE をお聞きいただきながらお別れです。
お知らせ

9月3日(金)19時~ この番組で「えふえむ草津 公開ラジオコンサートVol.1 ライブハウス CREA JAZZ」の収録音源を放送いたします。

お届けするのは、第2部の「ジャズの偉人、ジョン・コルトレーンRememberコンサート」です。

演奏:高橋知己(Ts)、竹内 直(Ts Bcl)、板橋文夫(P)、
   畠山 令(B)、石田博嗣(D)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!