MENU
声の広報1月号 オンデマンド配信中 こちら

【くさつ☆ コミュニ TeaTime!】11月は「Seven piece」「手話サークル びわ湖」

【提供 公益財団法人草津市コミュニティ事業団】

草津市内には、おおむね小学校区単位ごとに14のまちづくり協議会が設置されています。
この番組では、各学区のまちづくり協議会をはじめとして、まちづくりに関連する市民活動団体を紹介いたします。
聞き手は、パーソナリティ&ディレクター中嶌裕恵さんです。


今回は、Seven pieceそして手話サークル びわ湖をご紹介致します!

①「Seven piece」

「Seven piease(セブンピース)」では、コロナ禍などでスポーツができない子どもたちを対象に、6月ごろから無料でサッカースクールを開いています。

3歳から小学6年生の子どもが対象で、草津や大津などで練習を行っています。

今後は 3歳から幼児クラス 小学生クラスを分けて開催していく予定ということです。

現在備品などを増やしている他、将来グランドなども持ち教えていきたい為、スポンサーを募集されています。

詳しくは 草津市社会福祉協議会や、「Seven piease」のSNSなどをご覧頂き、支援くださいと呼びかけています。

②「手話サークル びわ湖」

「手話サークルびわ湖」は、草津市で一番古い手話サークルグループです。

ろう者の方が直接指導してくださり活動しています。

会員は40人位いますが、普段は15人が、毎週金曜日の13:30から15:30まで、大路まちづくりセンターで和気あいあいと楽しんでいます。

中には 手話通訳士などの資格を持ち仕事としているメンバーもおられます。

不定期ではありますが、指導者やメンバーが小学校を訪問し、授業の中で手話を教えています。

2025年滋賀で開催される滋賀県国スポ・障スポ事業の為、手話・要約筆記ボランティアで、新たな会員を募集されています。

放送日時

11月1日(月)12時~、20時~、深夜1時~

11月8日(月)12時~、20時~、深夜1時~

これまでの放送は、オンデマンドでお聴き頂けます。こちらからアクセスしてください。

※著作権の関係により、楽曲など一部部分を削除しております。ご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!