MENU
草津レポート11月号 オンデマンド配信中こちら

5月放送 草津レポート

 シンガーソングライターの愛民です。
 この番組は、草津市内で行われる行事や講座、市民活動の様子などを現地レポートして地域の皆様にお届けしています。
  今回は、3つの話題をお聞きいただきましょう!
 一つ目は、滋賀県住みます芸人ノーサインのお二人に西方寺の「ともいきピアノ」について取材していただきました。
 2つ目は、くさつ・やぐら地蔵文化研究会が開催された「お地蔵さんと地蔵盆冊子制作発表会」のレポートです。
 そして、3つ目は非営利活動法人やんちゃ寺の代表、佐藤すみれさんへのインタビューをお送りいたしますので、どうぞ最後までお聴きくださいねー

西方寺の「ともいきピアノ」

 最初のレポートは、青地町にある西方寺で行われている「ともいきピアノ」に関する話題です。
 みなさんは、駅や広場にピアノを設置して、自由に演奏することができる「ストリートピアノ」というのをご存じでしょうか?
 このストリートピアノが、なんとお寺のお墓に常設されているんです!
 西方寺では、これを「ともいきピアノ」と呼んでおられます。
 今回は、この事業を行われている副住職の牧哲玄さんにお話をお伺いしました。
 牧哲玄さんは、「坊さんブギウギ」の名前でユーチューバーとして活躍する一方、説法に手品を取り入れた「マジック説法師」としても知られています。また、お寺は散歩コースとなっていて、ヤギが飼育されていたり、マルシェが開催されるなど、地域に開かれ、親しまれる寺院として地元の方々に愛されています。

 なお、このレポートは「湖南フリモ」の草津探訪記の記事と連動しています。

 

お地蔵さんと地蔵盆冊子制作発表会

二つ目の話題は、くさつ・やぐら地蔵文化研究会が開催された「お地蔵さんと地蔵盆冊子制作発表会」のレポートです。発表会は、4月16日(土)に草津アミカホールの研修室で行われ、会場では「くさつお地蔵さんと地蔵盆」というタイトルの冊子と、「やぐらお地蔵さんと地蔵盆」の2冊が配布されました。
 番組でお聴きいただきますのは、「地蔵盆と民俗文化」と題して行われた講演の様子です。

 また、この後、正定寺の前住職で、草津幼稚園園長の佐々木昭道さんの歌とお話がありました。
 その中で、くさつ・やぐら地蔵文化研究会の河崎さんが作詞作曲された「お地蔵さん数え歌」と、「ありがとうお地蔵さん」が披露されましたので、お聴きいただきたいと思います。

非営利活動法人やんちゃ寺 インタビュー

 最後は、非営利活動法人やんちゃ寺の代表、佐藤すみれさんへのインタビューです。やんちゃ寺は、おもに中学生から二十歳までの非行少年等に対して、反社会的意識の緩和と社会貢献に関する事業を行い、個の尊重が守られた場での自発的な活動を通して、外的適応と内的適応両面の健全育成に寄与することを目的とした活動を行っておられます。
 活動場所は、草津三丁目の遍照寺。
 ここで、定期的に子ども食堂などを開いておられます。
 今回は、最近、新たに始められた事業を中心にお話を伺いました。
 なお、インタビューの模様は、下のYouTubeでもご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!