MENU
声の広報 10月号 オンデマンド配信中こちら

8/16 Happy BOUSAi「熱中症」・「yy防災」

関西大学社会安全学部・近藤ゼミと、草津市危機管理課がコラボしてお送りする、防災番組です。防災に関する基礎知識や災害時のアプリの紹介、復興支援ソングなど、楽しみながらハッピーに、若者目線で防災情報をお送りしています。

①今回は「熱中症」についてお伝えします。
草津市の熱中症の被害搬送状況は、令和四年度 6 月、滋賀県内の熱中症救急搬送者 173 人、過去 10 年で最多でした。あらためて、「熱中症」について学んでいきます。「熱中症」は、高温多湿な環境に長時間いることで体温調節がうまくいかなくなり、体内に熱がこもってしまった状態です。体に力が入らない、ぐったりするまっすぐ歩けない、呼びかけへの反応がおかしいなどの症状が見られます。
暑い日に、頭が痛い、吐き気がするなどの症状が出てきたら、「熱中症」かもしれないと疑ってみる必要があります。「初期症状」としては、頭痛、めまいなどが起きるそうです。この症状を放っておくと体温が40度以上になってしまい、意識の混濁、昏睡症状となり、最悪の場合、死に至る危険性があります。また、油断していると、症状がどんどんエスカレーションしてしまう、ということを、こころに留めておいてください。その他、熱中症の対処法、「応急処置」、「熱中症予防情報サイトー暑さ指数ー」などについてお伝えします。

 

出演 関西大学社会安全学部 近藤ゼミ 学生3人 
4回生 中末侑里(なかすえ ゆうり)さん
4回生 森本将吾(もりもと しょうご)さん
3回生 下田勘太郎(しもだ かんたろう)さん

草津市 危機管理課 橋本 啓嗣(はしもと けいじ)さん

聞き手 パーソナリティ 中嶌裕恵

②「yy防災」地域防災・学校防災 防災教育コーデイネーター 吉田亮一さんと 防災ジュニアリーダーながいちかこさん(小学5年生)の2人を迎えてお送りするインタビュー後編です。
後半は ながいさんに防災グッズ6点を紹介して貰います。

いつも寝室のベッドの傍に置いておく 防災6点です。
① 靴  
② 靴下  (室内でもガラスなどが散乱した時の為)
③ へッドライト (停電時、両手が塞がらないので便利)
④ 携帯ラジオ (常に状況が把握できる)
⑤ 防犯ブザー (まわりにしらせる手段)
⑥ レインコート (雨でも避難可能)   

最後に、吉田さんからメッセージを頂きました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!