MENU
4月 声の広報こちら

3/16 モニロケ放送後記 ゲスト草津市シルバー人材センター事務局長 青木敏高さん 下出篤さん 中川康子さん

3/16(木)モニロケ785木曜日は高橋さゆりと三井麻莉子でお送りしました。
「いきいき草津」前半は草津市シルバー人材センター事務局長の青木敏高さん ベテラン職員の下出篤さん 会員の中川康子さんにお越しいただきました。

シルバー人材センターとは?

シルバー人材センターとは高齢の方が働くことを通じて生きがいを得るとともに地域社会の活性化に貢献する非営利団体です。会員それぞれのライフスタイルに合わせて臨時的かつ短期的または軽微な仕事を提供して、会員の皆さんでワークシェアします。ハローワークと違って生きがいのための仕事であり、必ず一定の収入があるというわけではありません。現在の会員数は695人で平均年齢は75歳弱です。60歳くらいから登録できますが最高齢は91歳です。

どんな仕事をしているの?

仕事の内容は軽作業、植木の剪定、草刈、清掃など多岐にわたります。賞状の名前書きといった書道の経験を生かせる仕事や障子やふすま、網戸の張替えも頼めるそうです。ユニークなところでは商品開発のモニターたとえば歩行するための保護具や膝の関節のマッサージ機、洗濯機の高さなど使う人の立場からの意見を求められたり、病院のパンフレットに患者役のモデルになった方もあるそうです。シルバー人材センターは男性の仕事と思われがちですが、実は女性も活躍の場がたくさんあります。現在の会員695人のうち238人は女性で、最高齢の91歳の方も女性です。
仕事内容は清掃をはじめ子どもの送迎、家事援助など女性がこれまでの経験を生かせるものが多いです。

今回お越しの中川さんも2か所の清掃を何人かでシフトを組んで週に2.3回働き、時間的にも体力的にもちょうどよいそうです。えふえむ草津のあるくさつ夢本陣の清掃もシルバー人材センターの女性が交代で毎日丁寧にお仕事されています。

会員の中には仕事ぶりが評価されて、ケガをしてしばらく休むことになってもその方が回復するまで会社が待ってくださることもあり、責任をもってきちんと仕事されてるようすがうかがえます。

どうしたら加入できますか?

会員になるためにはまず入会説明会に参加して人材センターの趣旨を理解したうえで会員登録します。
いろいろな仕事依頼があるので会員の希望に合わせたものを紹介するほか、定期的に配布される広報を見て仕事を希望することもできます。仕事の紹介にあたっては人材センターでは公平を心がけているとのことです。

直近の入会説明会は

3/20(月)志那町「なごみの郷」隣りのシルバー人材センター事務所
4/4(火)フェリエ南草津
4/11(火)キラリエ草津
で午後1:30から行われます。

事前に予約をお願いします。TEL 077-568-8881 です。

または「草津市 シルバー」でホームページを検索してください。https://webc.sjc.ne.jp/kusatsu/index
同時に仕事の依頼も受け付けています。

滋賀県はシルバー人材センターの登録数が多いそうですが、それが平均寿命男性は全国1位、女性2位ということにつながっているのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!