MENU
第59回(7月) 俳句5-7-Go!の時間こちら

4/18(木)モニロケ放送後記 「いきいき草津」ゲスト水生植物公園みずの森ガーデニングボランティア 半田淳子さん 藤井千代子さん

4/18(木)モニロケ785木曜日は高橋さゆりと三井麻莉子でお送りしました。
「いきいき草津」前半は水生植物公園みずの森ガーデニングボランティアの半田淳子さんと藤井千代子さんにお越しいただきました。

ガーデニングボランティア活動内容

ガーデニングボランティアとは園内の一番高い所に広がる「丘の上の花園」で宿根草などの手入れをしているグループです。活動日は半田さんと藤井さんが所属する火曜日と金曜日の2つの班に分かれていて、1000種類以上の植物が植えられている場所をコーナーごとに作業しています。

作業は草引き、剪定、植え替え、水やり…など多岐にわたりますが、土づくりも大切で深く掘って腐葉土や肥料を入れて耕すと土がふわふわになるそうです。
職員で専門家でもある若松さんの指導を受けながらのこうした作業はプロの知識や技術を学ぶ場でもあります。

藤井さんはボランティア暦20年で、ガーデニング好きで以前からみずの森に通っていてガーデニングサロンに入会したことをきっかけにボランティアを始めました。
みずの森で勉強したことをご自分の庭づくりにも生かし、珍しい花も植えてオープンな庭にしているので、通りかかった方から声を掛けられることも多いとのことです。

半田さんはボランティア暦20年以上で、みずの森の寄せ植えコンテストに出品して良い賞をもらったことをきっかけにボランティアに参加して、これが生活の中心になっています。
地元でも「花の輪クラブ」を作り、団地入口の花壇をメンバーで毎週楽しく世話をしています。手入れの行き届いた花壇があることは防犯にも役立つそうです。

お2人ともみずの森では毎週火曜日10時~12時まで活動し、花談義で盛り上がりながら持参したお弁当を食べて、食後は烏丸半島を1時間ほどウォーキングしています。
ガーデニングでひざや腰を痛めてもきれいな景色を見ながらのウォーキングで体がシャキッとするそうで、その元気パワーには本当に敬服です。

こうした元気なガーデニングボランティアさんの地道な活動があるからこそ、みずの森はいつ行っても美しく維持されています。

ボランティア募集

この時季は花壇コーナーの青いデルフィニウムや温室のヒスイカズラが見ごろを迎えるのでお勧めとのことです。

みずの森ではガーデニングボランティアを募集しています。火曜日または金曜日10時~12時の2時間の作業です。
活動を通して仲間づくりもでき心も体も健康になれます。詳しくはみずの森 TEL 077-568-2332 までお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!