※著作権等の問題により、音楽部分を削除するなど一部内容を変更しています。

第36回(2020年8月) 草津レポート

再生ボタンをクリックするとオンデマンド放送をお聞きいただけます!

この番組は、草津市内で行われる行事や講座などを現地レポートして、地域の皆様にお届けする番組です。
放送は、第3金曜日の正午からと、同じ日の20時と25時から再放送いたします。

また、第4週の金曜日にも同じ時間に再放送となります。

今回は、シンガーソングライターの愛民がご案内役です。

番組内容

老上学区まちづくり協議会で制作された紙芝居
その1 「おおかみとおおかめ」

その2 「おいかめちゃんの大冒険」

 

ふるさと玉川民具を照らす会

 

番組内容の詳細(ナレーション)

 オープニングは、今回の案内役でシンガーソングライター愛民さんのオリジナル曲「ムーンライトジャーニー」で番組がスタートします。

草津レポートでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、行事や講座の開催が中止・延期になることが多いことから、4月、5月の番組では無観客で開催したラジオコンサートを中心にお届けしてまいりました。
また、6月と7月は、草津宿本陣付近から太田酒造まで、インタビューを交えながら地域の歴史を辿る「まちあるきの旅」のレポートを行ってまいりました。
今回は、少し趣向を変えて昔から伝わる民話や民具に関する地域での取り組みにスポットを当ててお送りいたします。

まず最初の紹介させていただくのは、老上学区まちづくり協議会で制作された2つの紙芝居です。
一つ目の紙芝居は、狼川(おおかみがわ)に関する昔話で、タイトルは「おおかみとおおかめ」です。

狼川は、鎌倉時代中期に書かれた「東関紀行(とうかんきこう)」という紀行文の中では老上(おいかみ)川または大亀(おおかめ)川とも記されています。
この川の源は、上田上(かみたなかみ)ですが、ここから南笠、新浜までの約5.6㎞を流れて琵琶湖に注ぎます。
老上学区まちづくり協議会が発行されている「わがまち老上だより第16号」には、この狼川にまつわる二つの伝説が紹介されています。

一つ目は、漢字で大きな亀の川と書く「大亀川」という名称について、和銅 8 年(715 年)に狼川に霊亀(れいき)が出現し、雨が降って旱魃(かんばつ)から救われたといわれているそうです。また、そのことを伝える石像と石碑が、治田(はるた)神社内にあるのだとか。

2つ目は、老上川という名称に関する伝説です。老上川というのは、現在の学区も名称となっている地域名の老上郷(おいかみのごう)からきてるそうです。老上川は、昔は天井川で、改修がたびたび行われてきましたが、堤防が決壊するなど、この川が「あばれ川」である事から、狼川という名がついたとされています。
その他、こぼれ話として、昔は、このあたりに狼が多数いて、いたずらをしたので、亀が退治したという言い伝えから「狼川」という名がついたという説もあると書かれています。

お聞きいただきますのは、昔話として伝わる「おおかみとおおかめ」の紙芝居です。
この紙芝居は、老上学区まちづくり協議会で制作されたものです。

(紙芝居の実演)

いかがでしたでしょうか?
この物語の原話は、南笠町の(故)奥田きゅうしろうさんによるものとされています。
大きな亀が狼を退治したことから「狼川」とも「大亀川」とも呼ばれたという、川の名前の由来に関するお話でした。
治田神社の境内には厄除け祈念の親子の亀の石像がありますが、狼川近くのため池には昔から亀がたくさんいるんだそうですよ。
ちなみに、狼川は旧草津川と同じ天井川のため大雨の時は洪水で悩まされたそうですが、JRと交差するところには、その天井川の下を当時の蒸気機関車が通るためのトンネル跡の「旧狼川隧道」が残っています。
このトンネルは、明治22年の長浜から大津間が開業した時に竣工したそうですが、全面煉瓦造りで、奥に向かってねじれた「ねじりまんぽ」という全国でも30個所ほどしか無いと言われる大変珍しいものなのだそうです。


狼川には、いろいろなロマンがありますね!
さて、老上学区まちづくり協議会では、この民話に基づく紙芝居とは別に小・中学生がつくったオリジナルの紙芝居も制作されています。
この紙芝居に登場するのは、2017年11月12日に誕生した老上学区のキャラクター「おいかめちゃん」なのですが、このおいかめちゃんが宇宙を旅するというとってもロマン溢れる物語です。
「おいかめちゃん」は、狼川にすむ亀をモチーフに発案されたものだそうですが、おねえちゃんの「かめりん」と弟の「かめきち」の兄弟が主人公となっています。

この創作紙芝居のタイトルは「おいかめちゃんの大冒険」。
それでは、子どもたちの可愛らしい名演をお聞きいただきましょう!

(紙芝居の実演)

只今お聞きいいただきましたのは、老上学区まちづくり協議会で制作、実演された二つの紙芝居でした。
これらの紙芝居は、えふえむ草津のホームページから紙芝居の絵と共にみていただくことができます。
ホームページのアドレスはFM785.JPです。
また、「えふえむくさつ」で検索していただくとホームページをご覧いただくことができますので、そこからオンデマンド放送の中の「草津レポート」のコーナーに掲載しています。

草津レポート

次にお聞きいただきますのは、玉川学区の方々が活動をされている「ふるさと玉川民具を照らす会」の皆様へのインタビューです。

「ふるさと玉川民具を照らす会」は、昔使用した民具(古い道具)や民族かるたを通じて過去の記憶を思い出してもらう「回想法」を用いて高齢者の認知症予防に支援されているボランティア団体で、小学校の社会科授業にも参画して、子供達に民具の機能や使い方を知ってもらう活動をされています。

今回は、長寿の郷ロクハ荘に会のメンバーにお集まりいただいて、えふえむ草津のパーソナリティ村川圭一さんがお話をお伺いいたしましたので、その模様をお聞きいただきたいと思います。
なお、この時の取材記事は湖南フリモ8月号に掲載されています。

それでは、まずはインタビュー前半で「ふるさと玉川民具を照らす会」の活動の概要や当日ご持参いただいいた古いアイロンの説明をお聞きいただきましょう。

(インタビュー)

代表の山上さんからの会の活動について説明をいただきましたが、現在 150点以上の民具が集まっているんですね。また、その中のアイロンについて岩城さんから説明いただきましたが、電気式のアイロンができるまでは、平安朝時代から使われていたといわれる炭火を熱源とした「火のし」という道具を使われていたということでした。
続いて、こうした民具を実際に持ち込んで、小学校3年生の授業で子どもたちに触れてもらうという活動をされています。また高齢者サロンなどでも活動をされていますので、その時の様子をお伺いしましたので聞いてみましょう。

(インタビュー)

いかがでしたか。
昔使われていた洗濯板を通して、昔の人たちの苦労や工夫、そして今の便利さを感じてもらうきっかけになるんですね。蚊帳の中に蚊が入らないような入り方やマッチの擦り方など、子どもたちにとっては驚きの連続なんでしょうね。
また、高齢者にとっては、民具を通じて昔のことを思い出して会話が弾み、認知症予防にも役立つということでした。

ここで、1曲挟んでインタビューの続きをお聞きいただきます。
お聞きいただくのは、わたくし愛民の曲で、タイニー・レイニー・シネマです。

(音楽)

今回のレポートでは、「ふるさと玉川民具を照らす会」の皆様からお話をお伺いしています。
最後に、150点以上の民具をデータベース化をされていますので、その内容や今後の展望などについてのお話です。
それではどうぞお聞きください。

(インタビュー)

いかがでしたでしょうか。
民具を通じて、先人の知恵や文化的遺産を子どもたちに伝えるという温故知新の活動や、高齢者に対しては回想法を使って認知症予防にもつながる活動を全市的に広めていきたいということですね。
このようなすばらしい活動が、ひろがっていくことを願います。

草津レポート

今回は、老上学区まちづくり協議会で制作された、民話に基づく紙芝居と小・中学生がつくったオリジナルの紙芝居の紹介。そして最後に「ふるさと玉川民具を照らす会」の取り組みをピックアップいたしました。
この番組は、毎月第3金曜日の正午と20時、そして25時からオンエアしています。また第4週の金曜日にも同じ時間に再放送すると共に、ホームぺージから何時でも何度でもお聞きいただけるようオンデマンド配信も行っていますので、どうぞご利用ください。
次回は、草津川跡地公園「de愛ひろば」の取り組みについて、お話をお伺いましたので、そのレポートなどを中心にお届する予定です。

この番組は草津市の提供でお送りいたしました。
次回もお楽しみに!(クロージングのBGMは愛民さんの曲です。)

 

第35回(2020年7月) 草津レポート

 

この番組は、草津市内で行われる行事や講座などを現地レポートして、地域の皆様にお届けする番組です。
放送は、第3金曜日の正午からと、同じ日の20時と25時から再放送いたします。

また、第4週の金曜日にも同じ時間に再放送となります。

今回は、先月に続く、草津宿のぶらぶら歩き後半です。

脇本陣跡や「田中九蔵本陣」跡を訪ねたり、「カフェ&ベーカリー脇本陣」や「太田酒造」さんへのインタビューなどをお送りします。

なお、インタビューの内容は えふえむ草津と湖南フリモとのコラボ企画記事「草津探訪記」に掲載されています。

第34回(2020年6月) 草津レポート

この番組は、草津市内で行われる行事や講座などを現地レポートして、地域の皆様にお届けする番組です。
放送は、第3金曜日の正午からと、同じ日の20時と25時から再放送いたします。

また、第4週の金曜日にも同じ時間に再放送となります。

今回は、旧草津川から本陣付近までインタビューも含めてレポートいたしましたので、旅行者の気分になってお聞きください。

また、6月23日から29日までは男女共同参画週間です。

草津市では、女性の社会での活躍を支援するため、平成27年度から、女性のチャレンジ応援塾「輝☆業塾」を開催し、これまでに70人以上の人が受講し、起業や自分の目標に向かってチャレンジされています。
この塾運営のお手伝いをしてくださっている市民団体「くさつ☆パールプロジェクトチーム」の内田雪絵さんと、第5期生の吉野さやかさんにお話を伺いました。

第33回(2020年5月) 草津レポート

第32回目となる4月放送の草津レポートは、新型コロナウイル感染拡大防止のため、外出を自粛し自宅でラジオをお聞きたいだいている市民の皆様に心やすらぐクラシック音楽をお届いたしました。

今回、草津コミュニティ支援センター2階ホールで無観客の「ラジオコンサート」にご出演いただいたのは、地元で活動されているアンサンブルドルチェさんで、メンバーは以下のとおりです。

ヴァイオリン 中村佳子さん
クラリネット 小林初子さん
ピアノ    浜田明美さん

第32回(2020年4月) 草津レポート

第32回目となる4月放送の草津レポートは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止された草津宿場まつりや、草津川跡地公園で予定されていたコンサートに関連する内容をお届けいたしました。

第31回(2020年3月) 草津レポート

第31回目となる3月放送の草津レポートは、3つの収録音源等をお届けします。

 

一つ目は、滋賀県と近鉄百貨店との「産業振興等に関する協定」の締結式。
二つ目は、令和元年10月26日に草津アミカホールで行われた「草津市平和祈念の集い」での草津歌劇団による平和祈念ミュージカル、
そして3つ目は、前回の放送に引き続いて昨年12月の草津コミュニティ支援センターで開催されたコンサートの後半の演奏です。

滋賀県と近鉄百貨店との「産業振興等に関する協定」の締結式

最初は、令和2年2月21日に行われた滋賀県と近鉄百貨店との産業振興等に関する協定の締結式のレポートです。

「滋賀県および株式会社近鉄百貨店との産業振興等に関する協定」は、両者が有する情報、ネットワーク、ノウハウなどの経営資源を有効に活用し、相互に連携して取組を進めることにより、県内の産業の振興発展および地域の活性化を図ることを目的としています。そして具体的な連携・協力事項として、(1)県産品の販売促進に関すること (2)観光振興に関すること (3)その他、両者が協議し合意した事項 の3項目が掲げられています。

協定式で、三日月大造滋賀県知事は、「地域とともに手を取りながら店舗をつくる近鉄百貨店のビジョンに大いに共感した。共に新しい滋賀の魅力をつくり、地域住民のサービスの充実に一緒に力を合わせ取り組んでいきたい」と述べ、近鉄百貨店の秋田拓士代表取締役社長は、「滋賀は歴史、文化、風土、全てにわたり、知れば知るほど良いところがある、滋賀県とともにそれを掘り起こしていきたい。また、地域の暮らしを豊かにする“タウンセンター”として、従来の百貨店業態から脱却し、地域に暮らす人と一緒にモノやサービスをつくり上げていきたい」と述べるなど、それぞれ新たな店舗と滋賀の未来への想いを語りました。

また、当日は店内で、「全館まるごと!滋賀フェア」が開催され、信楽焼で近江の地酒の飲み比べができる「SHIGA’s BAR in草津」など、滋賀にちなんだ各種イベントに多くの人々が訪れていました。

草津歌劇団による平和祈念ミュージカル

次にお聞きいただきますのは、令和元年10月26日に草津アミカホールで行われた「草津市平和祈念の集い」での草津歌劇団による平和祈念ミュージカルです。

草津歌劇団の子どもたちが、平和への思いを感動溢れる公演で演じ、改めて参加者に平和の尊さ、戦争の恐ろしさを伝えるステージでした。
平和祈念ミュージカルの脚本・演出は、宝塚歌劇団演出家の中村 暁さん、そして出演者は草津歌劇団4期生の皆さんです。

今回お届けするのは、前半の「ヒメ神様に出あった!」と題されたステージです。

アンサンブルドルチェ コンサート

最後にお聞きいただきますのは、昨年の12月11日に草津コミュニティ支援センターで行われたアンサンブルドルチェによるコンサートの中から、後半部分の演奏です。

出演団体のアンサンブルドルチェは、コンサート会場での演奏会のほか、小学校やまちづくりセンター、福祉施設などでのコンサートを行うなど、音楽の楽しさや美しさ、素晴らしさを身近に味わっていただきたいとの思いで演奏活動を続けられています。

メンバーは、クラリネットの小林初子さん、ヴァイオリンの中村佳子(よしこ)さん、ピアノの浜田明美さんです。

今回のコンサートは、草津コミュニティ支援センターが2階ホールを会場に無料で開催し約50名の参加がありました。また、会場に入りきれなかった方々は、1階のロビーでのビデオ生中継で演奏を楽しまれていました。

最初の曲は、ヴァイオリンの中村佳子さんをフィーチャーしたヴィットーリオ・モンティ作曲のチャールダーシュです。なお、中村さんのヴァイオリンは1908年にイタリアのクレモナで作られた楽器だそうです。

次の演奏は、クラリネットの小林初子さんをフィーチャーしたガブリエル・フォーレ作曲のシチリアーノです。この曲は8分の6拍子のリズミカルな曲です。
ゴンドラに乗った気分でのどかな田園風景を思い浮かべながらお聞きください。

そして最後は、コンサートでのアンコール曲でクラシック音楽の名曲でバッハのG線上のアリアです。

えふえむ草津からのお知らせ

えふえむ草津では、令和2年3月3日に滋賀県草津警察署との間で「警察情報等の放送事業に関する協定」を締結いたしました。

 この協定は、えふえむ草津と草津警察署との間で防犯情報等の警察情報の共有を図り、これを市民の方々に広く提供することによって、犯罪・事故・災害などから市民を守ることを目的としています。

そして、具体的な情報提供の場として、4月から草津警察署からのお知らせ番組を放送することになりました。

放送日時は、毎月第3月曜日と第4月曜日の朝8時からと14時、24時からの予定です。

番組のタイトルは「草津署えふえむ交番~電波に乗ってパトロール~」です。
電波にのったパトロールで、地域の安全・安心に貢献してまいりたいと存じますので、是非番組をお聞きいただきますようお願いいたします。

なお、この「草津レポート」は、来月より毎月第3と第4金曜日の正午からと、20時、25時からの放送となります。

 

第30回(2020年2月) 草津レポート

草津レポートは、草津市内で開催される催しや講座などを現地レポートして、みなさまにラジオ放送やオンデマンド配信でお届している番組です。今回は、2月1日に草津クレアホールで開催されました「草津市男女共同参画学習会・女性活躍推進事業」の様子を収録いたしました。
この催しは、くさつパールプロジェクトと草津市が主催した事業で、映画「火火」の上映会のあと、この映画の主人公で、NHKの朝の連続ドラマ「スカーレット」のモデルとして今話題の女性陶芸家 神山清子さんを迎えてのトークの会が行われました。

映画「火火」は、女性の地位がまだまだ低かった時代に女性陶芸家が社会から認められない状況で、女性陶芸家の道を切り拓いた神山清子さんの姿や、息子の賢一さんの白血病を契機に骨髄バンクを発足して全国にその輪を拡げていった足跡を描いています。
そしてこの企画は、誰もが性別に関わらず、持てる力を発揮できるジェンダー平等な社会を願って開催されました。

神山清子さんを囲んでのトーク会では、古い信楽焼の陶器の破片を見つけて、その魅惑的な色に魅せられたことから、自宅に半地上の古代穴窯をつくり、自然釉と名付けた釉薬をかけない手法で作品をつくった経緯をお話されました。
現在では、ご自身の求める色に焼きあげるための土や窯の燃料となる木材も無くなっていることなど、陶芸に関する話題と共に、息子さんの白血病を契機として立ち上げられた骨髄バンクに関する苦労話などを神山さんの個性と感性豊かな語り口で聞くことができます。

引き続いて、昨年の12月11日に草津コミュニティ支援センターで行われたアンサンブルドルチェによるコンサートの中から、前半部分の演奏をお届いたします。

出演団体のアンサンブルドルチェは、コンサート会場での演奏会のほか、小学校やまちづくりセンター、福祉施設などでのコンサートを行うなど、音楽の楽しさや美しさ、素晴らしさを身近に味わっていただきたいとの思いで演奏活動を続けられています。

メンバーは、クラリネットの小林初子さん、ヴァイオリンの中村佳子さん、ピアノの浜田明美さんです。

今回のコンサートは、草津コミュニティ支援センターが2階ホールを会場に無料で開催し約50名の参加がありました。

また、会場に入りきれなかった方々は、1階のロビーでのビデオ生中継で演奏を楽しまれていました。
演奏曲は、ヘンデルの「水上の音楽」、イギリス民謡メドレー、マスカーニの「アヴェマリア」です。

最後は、(株)えふえむ草津の第58回 番組審議会の報告です。

なお、この番組は、ホームぺージからオンデマンドで何時でもお聞きいただくことができます。

第29回(2020年1月) 草津レポート

 

第29回目となる今回の草津レポートは、2019年11月30日に開催されました「パワフル交流・市民の日」の模様をお届いたします。

1.講演「そうだったんだ 草津の魅力」

草津宿街道交流館 館長の八杉淳氏の講演では、チャップリンも使ったのではないかとされている草津産の竹根鞭や日本初の団体旅行会社は草津生まれだといった草津市にまつわるエピソードなどをお話されました。

2.第3回ひとまちキラリイキイキ活動賞

コツコツとこれまで続けてくれたその活動に“ありがとう”の気持ちを伝える「ひとまちキラリイキイキ活動賞」では、【駒っ子の会】 (笠縫東学区 駒井沢)、【ボランティアグループ「泉」】 (志津南学区 若草)、【環境ボランティア 草津湖岸コハクチョウを愛する会】の3団体が選ばれました。

なお、「パワフル交流・市民の日 FAINAL」は、今回で最終回となりました。

第28回(2019年12月) 草津レポート

毎月第2金曜日の正午から放送いたしております草津レポート。 今回のご案内役は、北村美和です。

番組の最初にお聞きいただきますのは、草津市政やまちづくりなどについて市長からお話を伺う「はしかわ市長の大好き草津(ラジオ版)」です。

内容は、1年間に起こった国内のニュースやこのコーナーで取り上げてきた話題を振り返っていただきます。

そのあと、「くさつエコスタイルコンテンス」絵日記の入賞作品をご本人に朗読していただきましたので、その声をお聞きいただきます。

また、11月24日に草津アミカホールで開催された「草津市青少年育成大会」のダイジェスト版と湯浅会長へのインタビューと、最後に、えふえむ草津の番組審議会の報告をさせていただきます。

第27回(2019年11月) 草津レポート

【放送日時】
11月8日(金)12時~13時
再放送:9日(土)19時~、26時~

 

 毎月第2金曜日の正午から放送いたしております草津レポート。

今回のナレーションは、愛民さん。
BGMには、愛民さんの1st Album「リリーベル・シアター」を使わせていただいています。
http://aimin.vocalist.jp/

番組で最初にお聞きいただきますのは、「はしかわ市長の大好き草津(ラジオ版)」です。

お話の内容は、「市政功労者表彰」や11月1日から2日に開催されました「草津街あかり 華あかり 夢あかり」、「草津まちイルミ」に関する話題となっています。

 

その後、11月16日の土曜日に、草津川跡地公園「de愛ひろば」で行われるイベント「kusaneko day(草根っ子デー)」に出演される「こじゃず」の中司美幸さんへのインタビューと、滋賀県工芸美術展を開催される滋賀県工芸美術協会会長の三原サダ子さんへのインタビューをお送りいたします。


そして最後は、10月27日に草津クレアホールで開催されました草津チェンバーオーケストラの第27回定期演奏会を収録いたしましたので、放送日時などをご案内をいたします。

(湖南フリモ10月号の記事)

第26回(2019年10月) 草津レポート

毎月第2金曜日の正午から放送いたしております草津レポート。
最初は、はしかわ市長の大好き草津(ラジオ版)」です。
お話は、「広報くさつ」の10月1日号の表紙のタイトルとなっている「いろいろな文化に出会う秋」に関連した内容となっています。

その後、10月27日に草津市立図書館で開催される「第8回としょかんまつり2019」について、実行委員会委員長の中村初枝さんにお話を伺いましたので、お聞きいただきます。

その他、草津市役所こども未来部幼児課から保育士等の募集のお知らせと、えふえむ草津の第56回番組審議会の報告をさせていただきます。

案内役は、シンガーソングライターの愛民です。

第25回(2019年9月) 草津レポート

草津市のホットな情報を集めた現地取材番組「草津レポート」をオンエア。

第25回目となる今回の放送では、「はしかわ市長の大好き草津(ラジオ版)」、9月8日にイオンモール草津で開催された「BIWARTCOLLECTION」、10月5日にロクハ公園で開催を予定されている「緑波祭」、そして最後に、10月6日の日曜日に、草津クレアホールで開催される「ジャズフェスティバルinクレア」に関するレポートをお聞きいただきました。

第24回(2019年8月) 草津レポート

草津市のホットな情報を集めた現地取材番組「草津レポート」をオンエア。

聞き手は、松田泰子さん。
橋川市長から、琵琶湖博物館や水生植物公園「みずの森」、イナズマロックフェスティバルについて教えていただきました。

※著作権に関連する音楽部分は削除しています。

その後、8月3日から4日までの2日間、草津クレアホールで開催されました「ワクワクこどもの広場」でのファミリーコンサートの模様やえふえむ草津ラジオパーソナル体験などをお聞きいただきました。

 

続いて、8月6日にフェリエ南草津で開催されました「土からこだわった野菜の料理バトル SOFIXフードクリエイト」でのインタビュー。

お話を伺ったのは、主催者の立命館大学 緑化プロジェクトRitreeの代表者 松崎さん、聞き手はえふえむ草津パーソナリティの宇野ひと美さんです。

 


そして最後は、えふえむ草津の番組審議会のご報告をさせていただきました。

第23回 草津レポート

7月12日(金)に放送させていただきました草津レポートでは、「はしかわ市長の大好きくさつ(ラジオ版)」や6月22日に開催された「クレアロビーコンサート」、7月7日に開催された「草津市青少年の主張発表会」での玉川中学校吹奏楽部の演奏をオンエアさせていただきました。

※オンデマンド放送では、著作権の関係で音楽部分は削除していますのでご承知ください。

第22回 草津レポート

草津レポートは、今回で22月回目となりました。

毎月第2金曜日の正午からオンエアしている「草津レポート」。

今回のご案内役(ナレーター)は、えふえむ草津のパーソナリティで、昭和歌謡とミュージカル大好きなシンガーソングライターの愛民さん。

 

番組冒頭は、愛民さんのアルバム「リリーベル シアター」から「ムーンライトジャーニー」をフィーチャーさせていただきました。

そして、番組の内容は前半に「橋川市長の大好きくさつ ラジオ版」。

後半は、6月2日に草津クレアホールで行われた草津チェンバーオーケストラの定期演奏会のライブ収録の中から、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲 第一番 変ロ短調」の第一楽章と、アンコール曲として演奏されたベートーベンの「エリーゼのために」をお届けいたしました。

そして最後に、えふえむ草津の番組審議会の報告をさせていただいた後、愛民さんの「Love Melody」をお聞きいただきながら番組を終えます。

(放送日時)
2019年6月14日(金)12時~13時
再放送は、翌日19時からと26時から

 

第21回 草津レポート

5月10日(金)正午からの放送いたしましました今回の草津レポートは、「はしかわ市長のだいすき!くさつ」やイオンモール草津で行われているビワアートコレクション、そして草津市にあるジャズバーでのライブ演奏の様子をお届けいたしました。

(番組の内容)

1.はしかわ市長のだいすき!くさつ

ご出演:草津市長 橋川渉 様
聞き手:松田泰子さん
内 容:草津宿場まつり、藤まつり、サンヤレ踊り、芦浦観音寺、YMITアリーナについて

 

2.イオンモール草津 ビワアートコレクション

①ビワアートコレクションに関する対談

ご出演:

イオンモール草津 福島奈菜美 様
草津市生涯学習課 松岡 秀樹 様

 

②枝と布でこいのぼりをつくろう

インタビュー:

アトリエイチイチ 泉 亜紗子 様

 

3.JAZZ演奏

収録場所: Jazz&BAR COLTRANE

収録日 :3月30日
出演 :石田博嗣 The Main Force

佐伯洋一郎(Ts)  仲野肇(Gt)  河野多映(Pf)  斉藤敬司郎(Ba)  石田博嗣(Dr)

第20回 草津レポート

草津レポートは、今回で20回目となりました。

今回のご案内役は、えふえむ草津のパーソナリティで、コスプレギタープレイヤーの伊谷亜子さんです。

さて、これまで草津レポートは毎週金曜日の正午からお届していましたが、4月からは月1回、第2金曜日に放送させていただくことになりました。

なお、第1金曜日は「広報くさつ」を音声で読み上げる「声の広報」(ラジオ版)、第3金曜日は草津市立少年センターの新番組「あすくる草津~中谷所長の「ちょっとe-talk」 、そして第4金曜日は草津市健康福祉部がお届けする「スマートウェルネスくさつ」を放送いたしますので、毎週金曜日の正午からは草津市の情報が満載の番組ラインナップとなります。

再放送は、翌日土曜日の19時からと26時から。

また、すべてオンデマンドで何時でもお聞きいただくことができますので、お好きな時間に是非ご聴取頂きますようお願いいたします。

 

(番組内容)

1.はしかわ市長のだいすき 草津ラジオ版

2.えふえむ草津開局10周年記念コンサート   ~草津歌劇団&玉川ウインドウオーケストラ~

第19回 草津レポート

3月29日(金)正午から放送いたしました「草津レポート」では、3月24日に開催された草津時代行列参加者説明会の模様と、その後に主要3役の方にお集まりいただいて、えふえむ草津のパーソナリティ 石本恵津子がお話をお聞きいたしたしたので、その収録音源をお届けいたしました。

 

続いて、3月13日に草津コミュニティ支援センターで行われた「歌って笑って身も心も健幸に」を取材収録いたしましたのでその模様をお届けいたしました。

最後は、草津市社会福祉協議会の寄付付き名刺で地域貢献しよう!

 

第18回 草津レポート

3月22日(金)正午から放送いたしました「草津レポート」。

今回は、なんと!!

えふえむ草津のパーソナリティで、コスプレギタープレイヤー伊谷亜子さんが番組の御案内をしてくれました。

(下の再生ボタンをクリックいただくと、オンデマンド音源を何時でもお聞きいただくことができます)

番組の中の「はしかわ市長の だいすきくさつ! (ラジオ版)」では、防災の話題を中心にお話いただきました。

インタビューの途中には、えふえむ草津が関西大学のゼミや地元アイドルグループのフルーレット、草津市の危機管理課と連携している「Happy BOUSAI」という番組のPR音源や、イオンモールで開催されたイベントでの防災に関する収録音源もオンエア。

番組後半の「えふえむ草津 番組審議会」のご報告も、伊谷亜子さんが担当してくれましたよ。

第17回 草津レポート

3月15日(金)正午から放送(再放送は16日18時~)の第17回草津レポートは、最初に3月5日に草津コミュニティ支援センターで落語家の桂三語さんを招いて行われました「健幸 草津市民でよかった」での収録をお届けしました。
この企画の主催は、くさつパールプロジェクトおよび草津市。
放送は、桂三語さんの落語の冒頭部分です。

2つ目のレポートは、草津市教育委員会事務局 生涯学習課主催の「学びの地域支援講座 ~やっぱり草津がいい 生涯学習とまちづくり~」。

この講座は、平成30年度に5回開催されました。
今回、放送するのは、第4回目の講座と第5回目の講座から、その一部を紹介いたしました。
なお、これらの講座の全編については、えふえむ草津のホームページから、オンデマンドで何時でもお聞きいただくことができます。

3つ目は、えふえむ草津が出版会社や原作者等の承諾を得て作成したラジオ絵本の紹介です。

絵本のタイトルは「地震がおきたら」。

原案、谷敏行さん
文、畑中弘子さん
絵、かなざわまゆこ さん
出版は、BL出版株式会社 です。
このラジオ絵本についても、オンデマンドでお聞きいただくことができます。

 

最後にお聞きいただいたのは、昨年11月11日に草津クレアホールで開催されました「第34回草津市民音楽祭」のフィナーレで全体合唱として演奏された曲、「クレアで会いましょう」です。

第16回 草津レポート

3月8日放送(再放送:9日18時~)の草津レポートでは、橋川市長の、大好き草津、ラジオ版や、えふえむ草津のスタジオ前での獅子舞奉納の様子、3月3日に「くさつ夢本陣」で行われた「ひなまつり」、そして最後に、広報くさつ、3月1日号の「声の広報」から、その一部をオンエアさせていただきました。


この番組は、草津市内で行われる催しや講座を現地取材して、毎週金曜日の正午と翌日の土曜日18時から放送しています。

FM放送を聞き逃した方は、えふえむ草津のホームぺージから音源の一部をオンデマンドで何時でもお聞きいただくことができます。

イベントや講座などの取材収録を希望される方は、えふえむ草津 電話077ー566ー5353番までお知らせください。

第15回 草津レポート

 

今回は、長寿の郷ロクハ荘で開催されている「スポーツボイス学園2018」をレポートしました。

講座の当日、スポーツボイス考案者の東哲一郎さんがサプライズ登場し、熱血指導されていました。

また、東さんへのインタビューも行いましたので、講座の様子と共にお聞きいただきます。

その後、来る3月7日木曜日に開催される、民具を照らす会「特別展示会inロクハ荘」について取材いたしました。

消えてゆく民具の保存と伝承のために積極的に活動を続けている、ふるさと玉川「民具を照らす会」代表の山上さんに、民具を照らす会の活動紹介をしていただきましたのでお聞きください。

番組の最後は、草津市立まちづくりセンターで開催された草津市社会福祉協議会主催の地域サロン交流会の模様をお届けいたします。

※著作権の関係で、音楽等については削除しています。

 第14回 草津レポート(平成31年2月22日放送)

第14回 草津レポートは、「はしかわ市長の だいすき くさつ (ラジオ版)」をお送りいたしました。

また、はしかわ市長へのインタビュー中で、1月26日に草津市役所で開催された「草津市こども環境会議」の話題が出ますので、この時の取材音声も併せてオンエアいたしました。

 

 第13回 草津レポート(平成31年2月15日放送)

第13回 草津レポートは、2月8日に南草津駅前にある草津市立市民交流プラザで開催されましたアカペラ健幸ワークショップ「歌おう草津! ハモろう草津!」に参加させていただいた後、講師の杉田篤史さんにお話を伺いました。、また、2月3日にイオンモールで開催された「看取りフェス」を取材させていただきました。

最後に、昨年12月20日に草津コミュニティー支援センターの2階ホールで開催されたクラッシックコンサートより、アンコール曲をお届いたしました。

第12回 草津レポート(平成31年2月8日放送)

2月8日(金)正午から放送(再放送:9日18時~)の「第12回 草津レポート」では、「はしかわ市長のだいすき!くさつ ラジオ版」(聞き手:松田泰子)と声の広報(カセットテープからの音源)をお届けいたしました。

また、「はしかわ市長のだいすき!くさつ ラジオ版」の中で、環境ボランティア団体「草津湖岸コハクチョウを愛する会」の吉岡理事長へのインタビュー(聞き手:高橋さゆり)を紹介させていただきました。

>

第11回 草津レポート(平成31年2月1日放送)

2月1日(金)正午から放送(再放送:2日18時~)の「草津レポート」では、最初に昨年12月20日に草津コミュニティー支援センターの2階ホールで開催されたクラッシックコンサート「ベートーベンを聴こう! 第4弾」から、前半部分のアントン・アレンスキーの代表作「ピアノ三重奏曲第1番、ニ短調、作品32」をお届けいたしました。

 

(演奏者)

ヴァイオリ:尾崎未佳(日本センチュリー交響楽団)

チェロ:高橋宏明(日本センチュリー交響楽団副主席奏者)

ピアノ:佐竹祐介(京都市立芸術大学大学院修了)

 

 

 

次に、昨年12月15日に行われた「草津小市」(主催:草津まちづくり株式会社)の「小市ラジオ」から、「R75ガールズトーク」の模様をオンエアいたしました。

最後は、1月17日に開催した、「第52回、FM草津、番組審議会」の概要をお届けいたしました。

草津レポート(平成31年1月25日放送)

1月25日放送の草津レポートは、「はしかわ市長のだいすき!くさつ ラジオ版」(聞き手:松田泰子)と声の広報(カセットテープからの音源)をお届けいたしました。

 

 

草津レポート(平成31年1月18日放送)

1月18日放送の草津レポートは、南笠東まちづくりセンターで活動されている子育てサークル「ウエンズ」のスマイルクッキングの様子や昨年12月30日に草津グリーンスタジアムで開催されたジュニア野球教室の模様をお届けしました。

 

草津レポート(平成31年1月11日放送)

1月11日放送の草津レポートは、「はしかわ市長のだいすき!くさつ ラジオ版」(聞き手:松田泰子)や草津市立市民交流プラザでおこなわれた知的書評ビブリオバトル、本陣商店街にある中華料理店「金燕」で行われたプレイボーズのライブの様子をお届けいたしました。

その一部は、オンデマンドとしてお聞きいただくことができますのでご利用ください。

 

 

草津レポート(平成31年1月4日放送)

1月4日放送の草津レポートは、平成30年12月8日(土)に草津市立まちづくりセンターで行われた「ひとまちキラリ助成☆公開ヒアリング」の模様をお届けいたしました。

 

草津レポート(平成30年12月28日放送)

12月28日放送の草津レポートは、前半に「はしかわ市長のだいすき!くさつ ラジオ版」(聞き手:松田泰子)をお届けしました。

また、後半は前回の放送で12月2日(日)にエイスクエアのアヤカ広場で開催された「クリスマス音楽祭」の続編です。

 

草津レポート(平成30年12月21日放送)

※著作権等の問題により、音楽部分を削除し、一部内容を変更しています。

 12月21日放送の草津レポートは 12月2日(日)にエイスクエアのアヤカ広場で開催された「クリスマス音楽祭」の模様をお届けいたしました。

(出演団体)
老上中学校吹奏楽部
栗東西中学校吹奏楽部
栗東少年少女合唱団

 

草津レポート(平成30年12月14日放送)

毎週金曜日に放送している「草津レポート」は、今回で4回目。

第2週と第4週は、冒頭に橋川市長へのインタビューをお届けしています。

 

 

草津レポート(平成30年12月7日放送)

【放送内容】

「草津ファン☆プロ」代表の市民レポーター石本恵津子さんが、草津市立まちづくりセンターの所長(橋本さん)にまちづくりセンターの利用・登録方法や各種事業についてお話しを伺いました。

また、ボードゲームを使って地域交流やまちづくりを行う立命館大学の「SOIL&SOUL」代表の山川さんへのインタビューや「まめばすすごろく」(草津おみやげ隊:大塚さん)のレポートです。

 

草津レポート(平成30年11月30日放送)

【放送内容】

第66代草津市議会議長 奥村次一議員へのインタビュー(聞き手:安藤未来子)

 

秋のJAZZコンサート(主催:くさつ☆パールプロジェクト、草津市)

草津市文化振興条例☆ミニセミナー☆

立命館大学ジャズクラブ

 

新番組 草津レポート(平成30年11月23日放送)

【放送内容】

第一回 はしかわ市長のだいすき!くさつ ラジオ版 (聞き手:松田泰子)

「第19回 パワフル交流・市民の日」

ひとまちキラリイキイキ活動賞 授賞式

草津市広報課 出前講座「みんなでトーク」(草津ファンプロ主催)

声の広報(広報くさつ  11月1日号版)