公益財団法人草津市コミュニティ事業団 提供番組

 草津市内には、おおむね小学校区単位ごとに14のまちづくり協議会が設置されています。

 この番組では、各学区のまちづくり協議会をはじめとして、まちづくりに関連する市民活動団体を紹介いたします。

 放送日時は、毎月第一金曜日の正午から。

(再放送は、翌日の土曜日13:00~、翌々日の日曜日19:00~、翌週の月曜日8:00~、翌週の火曜日深夜2:00~)

 このページでは、番組をいオンデマンド配信しています。

 ※著作権等の関係で、フリー音源を除いて音楽部分は削除しています。

第5回 2020年2月7日放送、他

今回は、まず前半に、3月7日(土)10:00~15:00開催される「まちづくりセンター17周年イベント」について、実行委員長・宮下チヨミさん、副実行委員長・山口里美さん、草津市コミュニティ事業団・諸岡聖さんにお話を伺いました。

今回でイベント最後になるかもしれないですね。

後半は、かつて中学校や高校などでトランペットやサックスなど管弦楽器を奏でていたママが再びメンバーを募り、吹奏楽演奏の活動をしているMama Wind Orchestra「おとのわ」の活動をご紹介します。

ゲストは、「おとのわ」代表 砂田麻帆さん、副代表 田中真由美さんです。

かつて中学校や高校、大学などで吹奏楽などを経験していましたが、結婚や出産などで演奏の機会がありませんでした。そのような人たちが集って再び楽器を持ち、音楽演奏を通じて地域の人たちに音楽の素晴らしさを伝えています。

「おとのわ」では、一緒に活動するメンバーを募集しています。また、演奏オファーも受け付けています。お申し込み・お問い合わせは【おとのわ】で検索してください。

尚、「おとのわ」は、2月8日(土)開催の「第4回ブラスフェステイバル」に出演が決まっています。鑑賞無料です。お気軽に鑑賞くださいヽ(^o^)丿

第4回 2020年1月3日放送、他

今回は、「志津南まちづくりセンターで手づくりお弁当の「ふれあい昼食会」を開催している ボランティアグループ「泉」と、駒井沢町でスクールガード等の街づくり活動をしている『駒っこの会』」の2グループを紹介します。

※コミュニティ事業団の広報紙「コミュニティくさつ12月号」にも2グループの紹介がありますので合わせてご覧ください。

1.『ボランティアグループ泉』は活動32年というベテラン主婦を中心として15人から20人で、75歳以上の高齢者を昼食会に招待して月1回金曜日およそ50人分の地産地消の旬の美味しい「松花堂弁当」を提供しています。

年2回のお出掛け研修も会員の楽しみのひとつです。

活動を通じて会員同士は勿論、お年寄りの楽しみ交流のひとつになっています。

代表の藤田清子さんと会員の垣根和子さんをお迎えしてお送りします。

【写真】左から コミュニティ事業団 諸岡さん、「泉」の藤田代表、垣根さん、中嶌

 

2.後半は駒井沢町で活動している「駒っ子の会」さん「こまっこスクールガード」で13年余りになり

当時小学一年生だった子どもたちも成人を迎えています。

笠縫東小学校の下校時3~4名編成で見守りを行っています。

自主的な子どもたちの見守りを通じて最近は児童に顔を覚えて貰えるようになったという事です。

また、毎週1回の野菜市や、週一回町会館でいきいき百歳体操の活動も行い、地域住民の絆を通じて街づくり活動をしています。

駒っこの会 代表 西川忠博さんと富山正晴さんにお話を伺います。

【写真】左から コミュニティ事業団 諸岡さん、駒っ子の会 西川代表、富山さん、中嶌

第3回 2019年12月6日放送、他

今回は、「山田学区まちづくり協議会・草津湖岸コハクチョウを愛する会」の2つの話題をお送りします。

山田学区まちづくり協議会の話題では、11月16日(土)に山田学区まちづくりセンターで開催された「みんなを守る飛び出し坊やを作ろう」をレポートしました。

 ペンキ塗りたての出来上がった看板を空調で乾燥させています。

ひとり一枚づつ製作。ペアで保護者指導の下行っています。山田学区はメロンの特産地。

デザインはメロン色の飛び出し坊やが多かったです。

膝から下はラップを巻き、靴にはカバーとつけ、手にはビニールの手袋をはめて。

男の子は、ひらめきで看板の頭の部分を塗りました。

役員の男性にお手伝い頂きながら、、、。

看板の枠の部分は男性スタッフにお手伝い頂きました。色塗りは案外むずかしいと、、、子ども達。

 

番組後半は、「草津湖岸コハクチョウを愛する会」代表の吉岡美佐子さんを迎えて、20年間続く活動をご紹介します。

草津湖岸コハクチョウを愛する会では、12月7日(土)から約3ヶ月間にわたり湖岸駐車場「志那ー3」に観測所(毎日9:00~15:00)を設置。期間中は、水鳥やコハクチョウの観測を来場する人達のスタッフが見学者にアドバイスしてくださいます。

 

第2回 2019年11月1日放送、他

今回は、矢倉学区未来のまち協議会と草津市コミュニテイ事業団ひとまちキラリ助成事業団体のCH北山ヘアカット研修会の2グループをご紹介します。

 

この度、草津市歴史文化基本構想策定記念映画「サァー行こか」(草津市がんばる地域応援交付金事業)を制作されました。

完成上映会は、11月24日(日)開演14:30から、草津クレアホールを会場に開催。(鑑賞無料)

矢倉学区の地域の皆さんがキャストをはじめ、カメラなど手作りで制作しています。 

 ↓ 写真左は矢倉学区未来まち協議会職員内田洋子さん

 

 

 コミュニティ事業団の活動をご紹介するコーナーでは、「ひとまちキラリまちくづり活動助成」事業から助成を受けて2年目の「CH 北山ヘアカット研修会 滋賀支部」の活動についてご紹介します。

 ゲストは CH北山ヘアカット研修会代表 中村隆明さん。

 自宅で身体の不自由な家族を介護している家族や小さい子どものいる方等理・美容院へ行けない家族をかかえる人を対象に「ヘアカット講習会」を開催しています。

受講生らは、ヘアカットスキルを伝授する活動を通じて理容室や美容室に行けない家族に、ヘアカットをしてあげられると喜ばれています。

写真右は、CH北山ヘアカット研修会滋賀支部代表の中村隆明さん、左は草津市コミュニテイ事業団(ひとまちキラリまちづくり事業担当)の諸岡 聖さん

第1回 2019年10月4日放送、他

 

笠縫学区まちづくり協議会

 9月21日(土)に開催された「健康フェスタ」をレポート。

 健康相談、体操、体力測定など5つのコーナーが設けられ 60人が参加されました。

 まちづくりセンター HP → こちら

 

 

老上西学区まちづくり協議会

 まちづくり協議会会長の伊庭健治さん と 副会長の中津元伸さんのお2人にスタジオでインタビュー しました。

 10月27日のふれあいまつりPR、学区でのまちづくりや老上西学区の曲なども紹介いただきました!

 

写真は 左 中津さん、右 伊庭さん 

 まちづくりセンター HP → こちら

 

  写真 収録前に打合せをさせて頂きました。まちづくりセンターのこの場所では多くの人が集い、語らいます。子ども達もセンターが学校の隣にあるので学校帰りには宿題などをする児童もおり、和やかな風景も見られます。若いママさんの交流の場にもなればとセンターも憩いの場所を目指しています。