ぐるっとまち歩き~くさつ道中~

 

草津市観光ボランテイア協会協力番組

草津の歴史や史跡、観光スポットなどを、ボランティアガイド協会の皆さんがご案内します。

聞き手は、パーソナリティ&ディレクターの中嶌裕恵さんです。

令和2年4月から放送時間が変更となりました。

【放送日】
 第1・3土曜日 12:00~13:00 
(同日/以下 再放送)  20:00~21:00
         25:00~26:00
 第2・4土曜日 同時刻に1・3週目の内容を再放送。 

 

※著作権等の関係で、フリー音源を除いて音楽部分は削除しています。

2019年度のオンデマンド放送は、次のページをご覧ください。 → 昨年度のオンデマンドはこちら

第33回 『黒土(くろつち)遺跡と榊差(さかきざし)遺跡、東山道について』

 今回も、草津市観光ボランテイアガイド協会の吉澤謙一さんのお話です。

 南草津駅南西側、十禅寺川から南笠集落の間に広大な水田が広がっており、その下に、古代の遺跡が眠っていることは、以前より分かっていました。その、黒土(くろつち)遺跡と榊差(さかきざし)遺跡、東山道について、お話頂きます。

第32回『野路岡田遺跡と野路宿について』

 今回も、草津市観光ボランテイアガイド協会の、吉澤謙一さんのお話です。

 南草津駅と周辺の建設に際して、周辺の土地区画整備にかかわる前の、発掘調査結果についてです。

 野路岡田遺跡とは、南草津駅から西方8万平方メートルで、そこからは道路跡、住居跡、井戸等の遺構151ヵ所が検出されました。

 出土遺物としては専用コンテナ500箱分を収集しています。どのようなものが出土したかなども、お話頂きます。

 また、鎌倉幕府の成立とともに、東海道は都と鎌倉を結ぶ主要幹線路として重要視され、「野路宿」が設置されましたが、野路宿の変遷についても伺います。

第31回『古代製鉄についての技術面②』

 今回も、草津市観光ボランテイアガイド協会の吉澤謙一さんのお話です。

 鉄は、用途によって必要な製品をどうやって作るかが大切です。

 草津にあった製鉄群跡に関連して、古代製鉄の技術面に焦点を当ててのお話、今日は前回のお話の続き、技術についてお話しいただきます。

第30回『古代製鉄についての技術面①』

 今回は、草津市観光ボランテイアガイド協会の吉澤謙一さんのお話です。

 鉄は、用途によって必要な製品をどうやって作るかが大切です。

 草津にあった製鉄群跡に関連して、今回から古代製鉄の技術面に焦点を当ててのお話、今日はそのうち操業編をお話しいただきます。

第29回「志那・下物・芦浦などの常盤学区の観光」から『芦浦観音寺 その5』

 草津市観光ボランティアガイド協会会長 森 健蔵さんのお話です。

 芦浦観音寺には、時代を築いた信長、秀吉等が関わった歴史があります。

 今回も、芦浦観音寺第30世の西川浄海師が手掛けた「芦浦観音寺探訪」より、森会長にひも解いていただきながら、芦浦観音寺の秘宝や書物の数々をご紹介頂きます。

 常盤学区の歴史から芦浦観音寺のシリーズの最終回です。

第28回「志那・下物・芦浦などの常盤学区の観光」から『芦浦観音寺 その4』

 今回は「芦浦観音寺 その4」

 草津市観光ボランティアガイド協会会長 森 健蔵さんのお話です。

 芦浦観音寺には、時代を築いた信長、秀吉等が関わった歴史があります。

 今回も、芦浦観音寺第30世の西川浄海師が手掛けた「芦浦観音寺探訪」より、森会長にひも解いていただきながら、芦浦観音寺の秘宝や書物の数々をご紹介頂きます。

第27回「志那・下物・芦浦などの常盤学区の観光」から『芦浦観音寺 その3』

 草津市観光ボランティアガイド協会会長 森 健蔵さんのお話です。

 芦浦観音寺には、時代を築いた信長、秀吉等が関わった歴史があります。

 今回も、芦浦観音寺第30世の西川浄海師が手掛けた「芦浦観音寺探訪」より、森会長にひも解いていただきながら、芦浦観音寺の秘宝や書物の数々をご紹介頂きます。

第26回 「志那・下物・芦浦などの常盤学区の観光」から『芦浦観音寺 その2』

 今回も、草津市観光ボランティアガイド協会会長 森 健蔵さんのお話です。

 芦浦観音寺には、時代を築いた信長、秀吉等が関わった歴史があります。

 芦浦観音寺第30世の西川浄海師が手掛けた「芦浦観音寺探訪」より、森会長が紐解きながら、芦浦観音寺の秘宝や書物の数々をご紹介頂きます。

第25回 「志那・下物・芦浦などの常盤学区の観光」から『芦浦観音寺 その1』

 今回のお話は、草津観光ボランテイア協会会長 森 健蔵さんです。

芦浦観音寺の現住職第30世の西川浄海師が「芦浦観音寺探訪」と題して大冊の労作を上梓されました。その書物を基にシリーズで数回にわたり、お話頂きます。