「スマートウェルネスくさつ~めざせ健幸都市~」

2019年4月からスタートした草津市の提供番組。”健幸都市”草津のさまざまな取り組みを楽しくご紹介します。

聞き手は、パーソナリティ&ディレクター中嶌裕恵さんです。

 

【放送日】
 第3水曜日   12:00~13:00 
(同日/以下 再放送) 20:00~21:00
         25:00~26:00
 第4水曜日 同時刻に1週目の内容を再放送。 

 

※オンデマンド版では著作権の関係で音楽部分を削除しています。

第17回放送(2020年8月)

テーマ:「かけがえのない ”いのち” を大切に」

今回は草津市健康増進課 健康増進係 保健師 ♯川崎いずみさんのお話です。

9月は自殺予防週間(10日~16日)があります。

日本全体では、自殺者数は2003年をピークに減少しており、2018年は過去最少の20031人でした。しかし、日本の自殺率は先進国の中では最も高くなっています。滋賀県や草津市においても、自殺者数は国と同様、減少傾向ではりますが、草津市では近年毎年10人前後の方が自殺で亡くなられています。

新型コロナウィルス感染症による生活習慣の変化により、誰もがストレスを感じやすい状況となっています。

草津市「ゲートキーパー講座」も、案内しています。

 

 

第16回放送(2020年7月)

テーマ:「認知症があっても安心なまちづくりのために」について

 

今回は、「認知症があっても安心なまちづくりのために」について、草津市長寿いきがい課 長寿政策係 主査の中西 稔さん、草津市長寿いきがい課 長寿政策係 保健師の谷 亜悠未さんを迎えてお話頂きました。

草津市は7月「草津市認知症があっても安心なまちづくり条例」を県内の自治体では初めて制定しました。また、6月中旬から認知症高齢者等個人賠償責任保険を導入しています。

第15回放送(2020年6月)

テーマ:「小中学校体力向上プロジェクト」について

 

今回は、「小中学校体力向上プロジェクト」について、草津市小学校体育連盟 山田俊一さん、立命館大学スポーツ健康科学部 上田憲嗣さん(リモート参加)、草津市教育委員会スポーツ保健課 谷口弦太さんを迎えてお話頂きました。

<1>短時間運動プログラム(草津市チャレンジタイム)とコオディネーションについて

<2>動画(インターバル運動・チャレンジタイム・ダンス教室)について

<3>学童保育(チャレンジタイム・立命との連携)について

それぞれのセクションにわけて伺いました。コロナウイルス感染拡大予防で休校になっていましたので、子ども向けに動画配信などを行いました。番組内でも一部、音源を紹介しています。

第14回放送(2020年5月)

テーマ:「民生委員・児童委員」について

 

今回は、身近な相談相手である「民生委員・児童委員」について、草津市民生委員児童委員協議会会長 大久保義一さん、草津市社会福祉協議会 馬場英理さん、草津市健康福祉政策課 米田由佳さんを迎えてお話頂きました。

今月12日から18日は「民生委員・児童委員の日 活動強化週間」。現在草津市には250人(5月1日現在)の民生委員・児童委員さんがボランティアで活動されています。コロナウイルス感染拡大防止で年度末から年始にかけては活動は出来ていませんが、収束後には活動をしていきたいとの事です。

第13回放送(2020年4月)

テーマ:「健幸都市」とは

 

この番組がスタートして丸一年が経過しました。

今回は原点に戻り「健幸都市」とは何か基本から

草津市健康福祉政策課 河上未佐斗さんにお話頂きます。