MENU
声の広報 7月号 オンデマンド配信中 こちら

スマートウェルネスくさつ~めざせ健幸都市~

【提供 草津市】

”健幸都市”草津のさまざまな取り組みを楽しくご紹介します。

聞き手は、パーソナリティ&ディレクター中嶌裕恵さんです。

※著作権の関係により、楽曲など一部部分を削除しております。ご了承ください。

放送日時

毎月第3週目と第4週目の水曜日
①12時~13時  ②20時~21時  ③25時~26時

※第4週目には第3週目の再放送をお送り致します。

第39回(2022年6月)

① 草津市の花、あおばなを知ろう!

「草津市の花、あおばなを知ろう!」をテーマに、初めに広報くさつ6月号表紙の、笠縫小学校で開催されたあおばなの苗植えの様子を紹介します。

また、「あおばな」の歴史や、草津市が行ってきた栽培・あおばな紙の製作方法など、草津市 農林水産課の後藤渉さんや草津市立街道交流館 学芸員の岡田裕美さんに話して頂きました。

その他、今年7月3日(日)水生植物公園みずの森で開催される「あおばなフェスタ」についてお伝えします。

② 市職員向け研修「女性のライフステージと休暇制度」

5月23日に草津市役所にて、市職員の管理職を対象とした「女性のライフステージと休暇制度」研修が行われました。

草津市役所では健幸都市宣言に基いて、職員の健幸経営に取り組んでいます。

この研修は、女性特有の健康課題を理解し、職員が働きやすい環境の整備を行うことで、女性をはじめ、全ての人が健康で幸せに働ける社会環境の整備に、市が率先して取り組むものです。

研修では、担当課による休暇制度の説明の他に、包括連携協定を結んでいる大塚製薬株式会社から、女性の健康経営アドバイザーの方を講師に迎え、「女性のライフステージと健康問題について」をテーマに説明が行われました。

研修を行ったきっかけや参加した職員の方の感想、今後の取り組みについて、草津市職員課 課長の橋本 哲男さんにお話しを伺いながらご紹介致します。

第38回(2022年5月)

広報くさつ5月号と連動してお送りしています。

はじめに「新型コロナウィルスワクチン接種についてお伝えします。

今回は「コロナに負けず、毎日元気にイキイキと過ごそう!」をテーマにお送りします。

皆さんは「フレイル」という言葉をご存じですか?英語で「Frailty(フレイルティ)」といい、直訳すると「虚弱」という意味です。加齢とともに心身の機能が低下し「健康」と「介護が必要な状態」の中間にある事をいいます。

今回は「フレイル」の要因や「フレイル予防」の方法、「いきいき百歳体操」「草津歯口からこんにちは体操」「キラリエ草津健幸大学」について、様々な介護予防についてお伝えしていきます。

第37回(2022年4月)

4月から成人年齢が18歳になり、民法の一部を改正する法律が2022年4月に改正され、成年年齢が18歳に引き下げられました。

18歳になったらできること、20歳にならないとできないこと(変らないこと)

そして、新成人を狙って借金をさせてまで契約を迫る業者がいるという事例(副業サイトで簡単に稼げる・自宅やバイクの開錠高額請求・水漏れ修理高額請求・脱毛エステ化粧品、美顔器購入で高額クレジット払い)などを紹介して頂きます。

第36回(2022年3月)

テーマ「臨時特別給付金」「自殺対策強化月間」

広報くさつ3月号と連動してお送りしています。

はじめに「新型コロナウィルスワクチン接種」(5歳から11歳対象)(9PEGE)に

ついて また、「臨時特別給付金」(12PAGE)について、草津市 臨時特別給

付金推進室  村瀬俊輝(むらせ としき)さんが

  3月は「自殺対策強化月間」(2~3PAGE)について、草津市 健康増進課 

  中井 ゆかり(なかい ゆかり)さんが以上3項目をお伝えします。

第35回放送(2022年2月)

テーマ「健幸都市くさつの取り組みについて」

草津市が平成28年に行った「草津市健幸都市宣言」

疾病予防や介護予防という「一人ひとりの健幸づくり」というイメージが

ありますが「まちづくり」や「都市計画」「産業振興」などあらゆる政策分野

今回は健幸都市に関する取り組みをご紹介していきます。

第34回放送(2022年1月)

 今回のゲストは
草津市 くさつエコスタイルプラザ 津田久美子さん
市民代表 山本悦子さん
団体代表 滋賀県地球温暖化防止推進センター キャリアアドバイザー 来田博美さんです



広報1月号特集記事「2050年カーボンニュートラルの実現に向けて」をテーマに、今回は昨年12月18日に開催されました「草津市地球冷やしたい推進フェア。という地球温暖化防止啓発イベント トークイベント「2050年カーボンニュートラルの実現に向けて」の内容をイベントを振り返りながらお届けしていきます。

第33回放送(2021年12月)

12月テーマ「あなたの健幸をサポートします!~食事と運動編~」

広報くさつ12月号2ページ~3ページにかけて掲載しています
「聴覚障害者について知ってください 伝えることを諦めないで!」について 草津市 障害福祉課 佐々木祐貴子(ささき ゆきこ)さんにお話を伺っていきます。

第32回放送(2021年11月)

〇広報11月号特集記事 あなたの健幸をサポートします!食事と栄養編で草津ベジランチとくさつ運動チャレンジについて管理栄養士の大槻さん・保健師の塩田さんからお話をお伺いします。

第31回放送(2021年10月)

広報10月号特集記事

 「糖尿病を予防して、認知症予防へ!糖尿病と認知症の関係」から糖尿病や認知症の病気について詳しくお聞きするほか「糖尿病」「認知症」の予防するレシピ(広報掲載)を管理栄養士の酒井さんにご紹介いただきます。栄養面からのお料理ポイントも教えてもらっています。ヘルシークッキングを作ってみてください。

第30回放送(2021年9月)

〇草津市男女共同「みんなに知ってほしい!高齢者の総合相談窓口 地域包括支援センター」

地域包括支援センターとは、介護保険法に基づく「高齢者に関する相談窓口」です。高齢者の皆さんが、地域で安心して生活する事が出来るよう、介護・福祉・医療など、さまざまな面から、専門職がチームとなって、相談や支援を行っています。今回は、実際にあった事例などもご紹介頂きながら、お話しを伺っていきます。

第29回放送(2021年8月)

〇草津市男女共同参画センターの「あい・ふらっと相談事業」について

女性起業や家庭生活など、総合的な相談に応じて頂ける事業です。この5月からは、フェミニスト・カウンセラーによる相談も行っていますが、そのフェミニスト・カウンセラーの方にインタビューの模様をお届けいたします。

〇滋賀マザーズジョブズステーションのマザーズ就労支援相談コーナーについて

草津駅前では、20歳未満のお子さんがいる女性の方や、妊婦さんを対象に就業支援を行っておられる、滋賀マザーズジョブズステーションがあります。キャリアカウンセラーの方に、行っておられる就業支援について、お話しをお伺いしました。

第28回放送(2021年7月)

・「草津市福祉教養大学」受講生募集について

今年度のテーマは「生老病死 生涯現役」開講される5つの講座についてご紹介致します。

・東京2020オリンピック 草津市にゆかりのある、出場選手3人をご紹介します。

また先日、バトミントン男子シングルス 常山幹太選手が、市長を表敬訪問された模様もお届けいたします。

第27回放送(2021年6月)

7月17日(土)に「草津市認知症シンポジウム」が開催されます。

草津市では昨年7月に、「草津市認知症があっても安心なまちづくり条例」を制定しました。

今回は、認知症シンポジウムについてご紹介いただくほか、

認知症に対する市の取り組みについても、お話をお伺いします。

詳しくは、草津市のホームページをごらんください。➡【草津市認知症シンポジウム

※下のプレーボタンをクリックすると、オンデマンド放送が流れます。

第26回放送(2021年5月)

今回のテーマは「キラリエ草津オープン!子育てプラザ~ココクル💛ひろば~」です。
※下のプレーボタンをクリックすると、オンデマンド放送が流れます。

【ラジオ放送の日時】
5月19日(水)12:00~13:00、20:00~21:00、25:00~26:00
(翌週26日同時刻にも再放送)

【出演者】
1.草津市子ども未来部 子育て相談センター 主査 西口 慧さん
2.「ココクル💛ひろば」施設長 特定非営利活動法人 きらりんキッズ 理事 川原和恵さん

【内容】

5月6日より供用開始となった「キラリエ草津」内 2階に「ココクルひろば」がオープンしました。こちらのご紹介をお二人を迎えてお送りしていきます。
また、草津健幸ステーション(庁舎1階)とキラリエ草津(4F交流スペース)に設置された自販機についてお伝えします。伊藤園と健幸都市づくり提携を結んだことにより設置されました。只今、対象商品添付のシールを集めて応募するキャンペーンを実施中です。枚数に応じて景品が貰えます。(~7月31日迄)

第25回放送(2021年4月)

4月放送のテーマは第6次草津総合計画『ひと・まち・ときをつなぐ 絆をつむぐ ふるさと健幸創造都市 草津』です。

【出演者】
草津市企画調整課
副係長 力石 透さん
主査 山田将貴さん
草津市広報課 辻井啓喜さん

今回は、広報草津4月号2ページ~6ページより 今年度から始まり、第1期(4年間)~第2期(4年間)~第3期(4年間)と合わせて12年間に渡り行われる「第6次草津市総合計画」についてお送りします。

基本的に「総合計画」とはどのようなものなのか、これまでの歩み、策定にあたっての背景、市民意識調査や高校生アンケート調査、転入者アンケートなどの意見を聞きながらの結果も参考にして製作されました。

また、基本目標(①「こころ」を育む ②「笑顔」輝くまち ③「暮らし」ささえるまち ④「魅力」あふれるまち ⑤「未来」への責任)についての概要をお話いただきました。

また、告知として「コロナワクチン」について、広報課からお伝えします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。